月別アーカイブ: 2008年9月

NIVEA


「ありがとうのつながり」画面の中の星の一つに、
自分のブログがあらわれます。

天晴くんを救う会、発足

天晴くんの心臓移植のために
みなさまのあたたかいご支援を
お願いします。

■ 総合情報(トップ)
□ 天晴くんプロフィール
□ 両親からの挨拶
□ 天晴くんの願い
□ 募金活動のお知らせ
□ 募金のお振込先
□ 会規約
□ 事務局情報
・・・・・・・・・・
以下、天晴くんを救う会HPより抜粋
天晴くんを救う会について
                                                  2008年9月2日
 千葉県千葉市在住の岩田天晴くん(13歳)は2008年2月に拡張型心筋症を発症し、現在、東京大
学附属病院に入院中です。右心不全もある重症心不全で、心臓の状態は極めて悪い状況です。
 拡張型心筋症は、心臓の筋肉が拡張し薄くなり、やがては死に至る特定疾患指定の難病で、天晴
くんのように悪化すれば、心臓移植以外に助かる途がありません。
 現在天晴くんは、補助人工心臓を装着しましたので小康状態を保っておりますが、補助人工心臓
は、長期間装着すると重大な障害が起こる可能性があるため、心臓移植までの短期的な処置とされ
ています。
 心臓移植は、天晴くんとドナーの心臓の大きさが同等でなければなりませんが、日本では、15歳
未満の臓器提供が法的に禁止されているため、天晴くんはまだ体格が幼いことから、日本で助け
て頂ける可能性は殆ど有りません。そこでやむを得ず、東京大学附属病院の医師を通して米国の
UCLA病院へ天晴くん救済のお願いを致しました結果、受け入れの内諾をいただくことができました。
 補助人工心臓を装着しての米国での心臓移植は、1億円を超える費用がかかりますが、健康保険
などの公的なサポートが一切ないため、とても個人でまかなえる金額ではありません。
天晴くんは「心臓移植を受けて元気になり、以前の生活にもどりたい」という強い意志を持っています。
そこで、私たちは、何としても天晴くんの命を助け、天晴くんが以前の生活を取り戻すことができるよう
になるお手伝いをさせて頂きたいと考え、天晴くんが心臓移植手術を受けるために米国に渡航し元気
になって戻ってくるまでの費用をつくるため、「天晴くんを救う会」を結成し、募金活動を開始することに
しました。
 皆様の善意におすがりするしかない状況をご理解いただき、なにとぞ暖かいご支援、ご協力をお願い
申し上げます。
共同代表:赤木直人、金治伸隆、浜口謙司、福西知子、松山美穂子
・・・・・・・・・・