「コルシカ」一部雑誌データの販売中止 雑誌協会の抗議受け – ITmedia News

法律的な解釈の相違はあるものの

やったもん勝ち経済?

彼らを「確信犯」(意味の誤用)と評価するむきもあるが、無許可で始めた事業が、
おんぶにだっこメディア=「宝島社やサイゾー、IDGジャパン、ロッキング・オンなどが出版する30種類の雑誌(これらはグルか?)」の1スキームとしてとりこまれ、
同時に今後、首謀者の権益資源となっていくのだろうか。

「法律的な解釈の相違」云々ではない。
手法にイノベーションがあるわけではないのだから、ふりだし方を問うべき。

仕事はきれいに始めたい、とばかりは言ってられない現実が、一番の課題。