月別アーカイブ: 2009年12月

キリン9年ぶり首位奪還、第3のビール好調で : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

キリン9年ぶり首位奪還、第3のビール好調で

 キリンビールが2009年の国内ビール類市場でライバルのアサヒビールを制し、9年ぶりに首位を奪還したことが30日、明らかになった。

 消費者の低価格志向が強まり、キリンが得意な「第3のビール」の販売が伸びたことが決め手となった。首位への返り咲きを弾みにキリンは国内販売を盤石にし、サントリーとの経営統合で海外戦略も強化して国内飲料業界で圧倒的な地位を築く構えだ。

 関係者によると、09年のキリンの販売数量は小差でアサヒを上回った。最大の勝因は「第3のビール」で約3分の1の占有率を持つ「のどごし<生>」の販売数量が08年より10%以上伸びたことだ。

 09年のビール類市場はビールの割合が全体の5割まで減る一方、「第3のビール」は08年の約23%から約30%に躍進した。飲食店ではウイスキーを炭酸水で割った「ハイボール」が人気を集めるなどビール離れが進み、家庭では価格が安い「第3のビール」が定着してきた。

 キリンは3月に主力ビール「一番搾り」を麦芽100%に改良してビール通に好評を博し、ビール販売の落ち込みを抑えた。

 キリンとアサヒの対決は、アサヒが01年に「スーパードライ」を武器に48年ぶりに首位を奪って以降、8年連続でトップの座に君臨していた。

 アサヒは今年、1缶売るごとに1円を自治体に寄付するキャンペーンなどで防戦に努めたが、ビール離れを食い止められなかった。

(2009年12月31日12時21分  読売新聞)

ビール類市場=
├ ビール
├ 発泡酒
└ 第三のビール*

*第三のビール(だいさんのビール)とは、ビール、発泡酒とは別の原料、製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料の俗称
この種の製品を生産するビールメーカー各社はビールとの誤認を避けるため新ジャンルと称している
http://bit.ly/oLav

テレビジン α版 – いま盛り上がっている番組をガイドするテレビマガジン

Media_httptvzinimgtit_brclp
via tvz.in

http://ptic.jp/
http://jk.nicovideo.jp/
http://www.tv-oendan.jp/
http://live24.2ch.net/weekly/

インターネット広告の未来: メディアはもはやメッセージではない, 人がメッセージなのだ

リアルタイム性を強める環境においては、コンテンツは人間のアイデンティティに道を譲る。そしてこれまでの文脈分析は動的なソーシャルインタラクションに脇へ押しやられる。

メディアはメッセージであり…..メッセージはメンバー(人)である

以前は単なるオーディエンスだった者たちが、自分のソーシャルなアイデンティティを梃子(てこ)として、コンテンツの創造へと向かっているとき、ではメディア企業や広告主たちは何をすべきか? 
メディア経済においてこの変化に対応するためには、企業はFacebook ConnectやTwitterのAPIなどを組み込んだアイデンティティフレームワークを確立する必要がある。

キリン・サントリー:統合後の株、創業一族の保有巡り調整 – 毎日jp(毎日新聞)

キリン1株に対しサントリー株0.8前後

現在のサントリー株の9割を握る創業一族が新会社の株式の3分の1超を握る
ことにキリン側の反発は強く、交渉はぎりぎりまでもつれる可能性がある

コカ・コーラパークが挑戦する エコシステムマーケティング

コカ・コーラパークが挑戦する エコシステムマーケティング
江端 浩人, 本荘 修二(2009)
コンテンツの作り込みは広告代理店などの第三者を介さずに、両者の担当メンバーが定期的に集まり、
合間にはメールでやり取りするなど、緊密に連携しながら進めていった
コカ・コーラ パーク 約630万人
12/5コカ・コーラNEWS号外メール 約350万人
毎日配信コカ・コーラ朝刊メール 約50万人

エコシステム・マーケティング
1. 互いを理解してパートナーシップ・モデルをつくる
2. 自社自身の強みと弱みを見極める
3. バランスのよいパートナーを選ぶ
⇒ マイクロソフト、ディー・エヌ・エー、ミクシィ、
  サイバーエージェント、フジテレビ
⇒ 代理店経由などの案件では、仲介役が入ることで
  却ってコミュニケーションが複雑になってしまい、当事者間の相互理解が
  スムーズに進まないことがある
⇒ パートナーシップにおいて、ただ乗りは許されない
4. 消費者と新たなコミュニケーション軸を構築する
5. 消費者の視点からメッセージを出す
⇒ いまや消費者同士が商品やメッセージについて意見を交わすのが普通になっている
⇒ ここが優れている、これが顧客への価値だと伝えても、
  消費者が納得しない限り受け入れてもらえない
⇒ 消費者がどう認識するかが重要で、供給者のロジックだけで考えていると、
  大切なものを見落としてしまうおそれがある
⇒ エコシステム・マーケティングでは、消費者のテーマや他のコンテンツと結びつける
  方向へと重心を移して、企業エゴを超えたテーマを設定した方が効果的な場合が多い
6. 相互のブランドを活用し、潜在的ファンを増やす

アドバンテージ・マトリックス
技事業(規模×、専門○)
⇒ コンテンツ制作業
特化事業(規模○、専門○)
⇒ 製薬業
規模事業(規模○、専門×)
⇒ 小売業
分散事業機会事業(規模×、専門×)
⇒ 零細小売業
オバマ陣営…説得ではなく…共感の…次世代型…コミュニケーションを実行(田中愼一)
⇒ 個人と直接つながる(ネット、電子メール、イベント、その他)
⇒ 個人の参加重視(ボランティア、献金などによる支援)
⇒ 共感を形成するコミュニケーション・メッセージ
⇒ 多様なメディアによる統合的コミュニケーション
⇒ 若者など、これまで選挙に関心薄だった層の開拓
⇒ …オンライン・コミュニケーション/メディアを戦略的に活用
1. 関心を持つ人(潜在的なファン)を…多く獲得し
2. エンゲージメントのレベルを引き上げる(…ファンにする)
⇒ 「つながり」重視のネット活用…オープンに接触…潜在的なファンを数多く獲得
⇒ 対話型コミュニケーションで共感を醸成
⇒ IMC型のコミュニケーション…テレビ、雑誌、ODM、ケータイ、パソコン、店頭、パッケージ
⇒ 個人の自主的コミュニケ-ション活動
No more spray and pray…「神頼み」はもうやめよう
・・・・・・・・・・

コカ・コーラパークが挑戦する エコシステムマーケティング
江端 浩人 本荘 修二
ファーストプレス
売り上げランキング: 1018
おすすめ度の平均: 4.5

5 次世代マーケッターしいては経営者必読の書
5 広告の将来を考えさせられる一冊です
4 No more spray and pray

ソーシャルメディアで失敗する5つの原因: インターネット広告のひみつ – ブログ

ソーシャルメディアで失敗する5つの原因

ザサーチエージェンシーのドリューハバード氏の記事を要約。
——————————
1. Waiting too long to respond or not responding at all
反応が遅れたり、反応しなかったりすると、消費者に勝手な想像をさせてしまう。手遅れになるまえに反応しよう。
2. Using social media only to push your own marketing agenda
言いたいことだけを押し付けるのではつまらない。意見を募るなど、会話が弾むような話題を投げかけてみよう。
3. Abandoned profiles
ソーシャルメディアのアカウントを取得したまま放置するのはよくない。プロフィールの編集くらいはしておこう。
4. Forgetting that a little guy’s voice can be just as loud as yours
ひとりの消費者の体験でも何百万人に知られてしまう。会話をモニターして、失敗に気付いたらすぐに対応しよう。
5. Failure to moderate
火に油を注いではいけない。誹謗中傷、事実誤認、苦情意見を見極めて的確に対応しよう。

いつも勉強になります。

Googleの無料パブリックDNSサービス「Google Public DNS」を使ってネットのアクセス速度を上昇させる方法 – GIGAZINE

Media_httpgigazinejpimg20091204googlepublicdnsdnsmmpng_akifhgjgkijerfd

「Google 日本語入力」に続いて