インターネット広告の未来: メディアはもはやメッセージではない, 人がメッセージなのだ

リアルタイム性を強める環境においては、コンテンツは人間のアイデンティティに道を譲る。そしてこれまでの文脈分析は動的なソーシャルインタラクションに脇へ押しやられる。

メディアはメッセージであり…..メッセージはメンバー(人)である

以前は単なるオーディエンスだった者たちが、自分のソーシャルなアイデンティティを梃子(てこ)として、コンテンツの創造へと向かっているとき、ではメディア企業や広告主たちは何をすべきか? 
メディア経済においてこの変化に対応するためには、企業はFacebook ConnectやTwitterのAPIなどを組み込んだアイデンティティフレームワークを確立する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です