月別アーカイブ: 2010年1月

自主制作アニメ「赤い糸」Independent production anime「akai ito」

>自主制作アニメーションです。
>人が繰り返す出会いと別れ、生きて いる悲しみと喜びを、
>一本の赤い糸で表現しました。

ローレンス・レッシグ曰く、Google Books和解は「狂気への道」

何百万冊というみなし子本の内容をデジタル化するという、Google Bookと著者協会との和解に声高に反対することが最もありそうにない人物といえば、ハーバード大学法科教授でフリーカルチャー支持者であるローレンス・レッシグ。The New Republic誌に書いた長文のエッセイの中で、レッシグはこの和解について、「狂気への道」であり「文化を窒息させる」ものであると指摘している。ただし、みんなが考えるような理由ではない。

レッシグは、主たる問題は和解自体や、Googleではなく、著作権法に関わるものだと信じている。そして、165ページにわたる和解案の難解な文面を見た後、彼はかつてないほどに、著作権法をインターネット時代に沿ってオーバーホールする必要があるという確信を得た(彼が以前にも掲げたテーマである)。問題の要点を以下に挙げる。

この契約は、ページ単位さらには文単位でコントロールすることが可能な世界を構築するものである。そこは、出版された一語一語を残らずライセンスできる世界である。これは、原子力についての古いスローガンの反対である、「残らず測る、測るのは安いから」。知識へのアクセスを、映画やお菓子屋や野球場へのアクセスと同じように売り始めるのである。われわれが作っているのはデジタル図書館ではなく、デジタル書店、スターバックスのないBarnes & Nobleだ。

書籍がさまざまな部分に分けてライセンスできるようになることで、現在映画で起きているのと同じ問題に遭遇することを、レッシグは恐れている。ドキュメンタリーフィルムを例に挙げ、あらゆる楽曲や保存映像クリップの権利を再取得する必要があるために、デジタル化がほほ不可能になっていることを指摘している。これは、映画の時代になる以前のライセンス形態の遺物である。一つの作品を構成する要素ごとに個別の著作権が永久に与えられているため、後にデジタル化したり、共有の文化の一つとして配布することが困難になっている。今日まで、書籍は殆どの場合単一の作品として扱われていたのだ。

しかし、Google Booksの和解案の表現は、書籍を構成要素に分けることを示唆するものだ。その結果、レッシグがやったように、病院の待合室でわが子のどこが悪いのかを調べようと、iPhone上の医学書を読んでいると、重要な図表が抜けていて、それはライセンスが異なるためである、といったことが起きる。彼はこう語る。

リアルな図書館、リアルな世界でのアクセスは、ページ(あるいはページ内の画像)単位では勘定されない。アクセスは書籍(または雑誌、CD、DVD)のレベルで勘定される。

レッシグは、Googleの和解案がそれほど悪いとは考えていない。むしろ、保護されている作品についてもその20%を無料でアクセス可能にすることについて、Googleに一定の賛意を表している(Googleは和解案が、著者や一般の人たちにとって好条件であることを強く主張していて、 変更は最小限にしたいと考えている。)レッシグがこう書いている。

この和解には賞賛すべき部分がたく

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去

 【ニューヨーク支局】AP通信などは28日、小説「ライ麦畑でつかまえて」などで知られる米国の作家、J・D・サリンジャー氏が米北東部ニューハンプシャー州コーニシュの自宅で死去したと報じた。91歳だった。

 ニューヨーク生まれ。1951年に出版された「ライ麦畑でつかまえて」は、成績が悪いせいで学校を追い出され、ニューヨークをさまよう主人公の心の動きを描いた物語。攻撃的な表現や性に関連した言葉遣いが賛否両論を巻き起こし、ロングセラーとなった。ほかの代表作は「ナイン・ストーリーズ」(53年)「フラニーとゾーイ」(61年)など。

(2010年1月29日03時39分  読売新聞)

long good bye

むずかしいことを やさしく

むずかしいことを やさしく
 やさしいことを ふかく
 ふかいことを ゆかいに
 ゆかいなことを まじめに書くこと

 (井上ひさし)

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 – 大人の学びを科学する:

Top 10 Awkward Social Media Moments

Top 10 Awkward Social Media Moments

Your social life is no less immune to awkward moments because it’s happening online. Companies—and their employees—discovered that the hard way in 2009. Inc. decided to ranked the top 10 social media embarrassments of the year.

By Nitasha Tiku | 

Jan 25, 2010

No. 1
Cutting-edge advertising firm Agency.com
fancied itself forward-thinking for its plan to crowd-source content for the Skittles homepage, including a feed from its Facebook fan page and a live stream of tweets related to the candy. Pranksters had other ideas when they started flooding the homepage with obscene tweets with the hashtag skittles. Even the more G-rated tweets, such as “#skittles got stuck in my mouth while I was driving, forced me to slam into orphanage, killing hundreds. I’ll never eat them again” or  “Skittles are poisoning the sheepish brains of the social media echo chamber,” were equally unwelcome.

No. 2
Twitter was overrun with the topic #amazonfail when users thought the e-commerce site changed its policies to get lesbian, gay, and transgender books ranked lower on the site. Amazon later explained that it was a glitch and rectified the mistake, but not soon enough to dissipate suspicions among consumers who liked the feeling of flexing their collective voice on Twitter.

No.3
Mark Pincus, CEO of Zynga, the company behind popular Facebook games like FarmVille and Mafia Wars, thought he was in the company of like-minded entrepreneurs at a start-up mixer in Berkeley when he said, “I did every horrible thing in the book just to get revenues.TechCrunch cut the 30-minute speech down to the part where Pincus admitted that scamming was an early part of Zynga‘s business model and posted it online. Still, more than 1,100 Facebook shares, 500 tweets, and 255 comments on the video didn’t stop Pincus from nabbing CEO of the year at the Crunchies this January.

No. 4
We called Brazen Careerist founder Penelope Trunkthe voice of the new guard.” But her tell-all approach to social media rubbed some readers the wrong way when she tweeted about having a miscarriage in a board meeting. Trunk’s website was deluged with complaints and she quickly lost 70 followers on Twitter. Trunk, who fired back that most miscarriages happen at work, defended the tweet on her blog: “We are not used to talking about the female experience, and especially not in the context of work. But so what? We can start now.

No. 5
There’s nothing necessarily untoward about rewarding people who comment positively on your company. But Royal Caribbean‘s social media attempt backfired when it failed to disclose that it had solicited the names of consumers who posted flattering feedback about its cruises on user-generated message boards like Cruise Critic and Trip Advisor—and then paid them in perks to continue to post favorable reviews. Even Arthur Frommer, the granddaddy of travel writing, weighed in on the scandal. In the end, the lack of transparency sullied Royal Caribbean’s brand, as well as consumers’ faith in the objectivity of the travel sites.

No. 6
It would have cost United Airlines $3,500 to replace Dave Carroll‘s Taylor guitar, which was damaged by baggage handlers when he and his band Sons of Maxwell  checked into a flight at O’Hare. Instead, the airline gave Carroll the run-around. The band promptly released a video for the Sons of Maxwell song “United Breaks Guitars,” inspired by Carroll’s experience, which was viewed more than 7.2 million times on YouTube.

No. 7
What’s the fastest way to lose a job offer? Tweet about how much you’re gonna hate the job.  In response to an offer from Cisco, recent Berkeley grad Connor Riley tweeted: “Now I have to weigh the utility of a fatty paycheck against the daily commute to San Jose and hating the work.A Cisco employee quickly tweeted back, “Who is the hiring manager. I’m sure they would love to know that you will hate the work. We here at Cisco are versed in the web.” Riley was dubbed “the Cisco Fatty” and ridiculed for bungling a prime opportunity in the midst of a recession.

No. 8
Self-professed social media expert and former Ketchum exec James Andrews tweets under the handle “keyinfluencer.”  Which might be why his tweet about Memphis being “one of those towns where I scratch my head and say, ‘I would die if I had to live here,” got picked up elsewhere on the blogosphere. Unfortunately for Andrew, FedEx, a valued Ketchum client that invited him to its Memphis headquarters to talk about digital media, saw it too.

No. 9
Facebook didn’t seem to learn much from the dust-up with users over changing its terms of service last February. But the internet learned a lot about founder Mark Zuckerberg when the site changed its default privacy settings last month. Valleywag, a tech gossip blog, wasted no time in combing through the 290 odd pictures of Zuckerberg suddenly available to the public, including ones of the young CEO staring dreamily into his girlfriend’s eyes, wearing pajamas and hugging a teddy bear, and seemingly inebriated in Lake Tahoe.

No. 10
Dallas Mavericks owner Mark Cuban is best known for his net worth and his big mouth. Both took a hit when he lambasted a referee on Twitter for a missed call during a game. The NBA slapped Cuban with a $25,000 fine. “Can’t say no one makes money from Twitter now. The NBA does,” he quipped.

スティーブ・ジョブスに学ぶ、聴衆を魅了するプレゼンの7つのコツ : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

プレゼンテーションのテーマを明らかにする
概要を示す

いまさらですが、たいせつなこと。

早い話が、実は、もしも

『広告企画3つの魔法ワード』

◎コピーを書くときは「早い話が」を前につけて考えてみる。

◎インサイトを見つけるときは「実は」を前につけて考えてみる。

◎アイディアを考えるときは「もしも」を前につけて考えてみる。

YouTube – 江川&小林 因縁の二人”和解の酒”

笑っているのに許していないと思いました。

ご冥福をお祈りします。

『キリンラガービール』、14年ぶりに原材料量変更 ニュース-グルメがテーマのオリコンランキング

 キリンビールは8日、同社のロングセラーブランド『キリンラガービール』の風味とパッケージを見直し、ホップの量と使用比率、投入時期を変更すると発表した。2月中旬製造品より順次切り替える。同社が同商品の風味リニューアルを行うのは、熱処理製法から非熱処理製法(生ビール)に変更した1996年以来、14年ぶり。

 同社は近年、経営計画に“定番ブランドの強化”を挙げており、2009年には人気商品『一番搾り』を麦芽100%に変更。2010年は120年以上の歴史を持つ同ブランドに切り込むことになった。風味強化にあたりホップを現行品の約1.3倍に増量するほか、スパイシーな香りが特長のドイツ産ホップ「ヘルスブルッカーホップ」の使用比率も上げる。また、製造過程でホップの投入時期を見直し、「苦みが増すのではなく“のどにグッとくる刺激感と、コク・飲みごたえのある味わい”をさらに強化していく」(同社)という。

 瓶入り商品のデザインは変わらないが、缶入り商品のパッケージにはアートディレクターの佐藤可士和氏を起用。同ブランドの持つ“伝統の顔”はそのままに、現代的なデザインで幅広い世代に訴求していく。なお、同社は明治時代・大正時代の味を再現した期間限定商品『復刻ラガー』のほか、“昭和40年頃の風味”が特長の『キリンクラッシックラガー』を展開しており、今回の見直しは“平成の味”のさらなる追求ともいえる。

 同社は消費の二極化や酒類市場のカテゴリー拡大が進んだことで「ビールはよりビールらしさが求められるようになった」と分析。「“私はラガーしか飲まない”というこだわり派のお客様も多いことから、今回のブラッシュアップにより、さらなる価値向上を図り、お客様の期待に応えていく」としている。

風味強化にあたりホップを現行品の約1.3倍に増量するほか、
スパイシーな香りが特長のドイツ産ホップ「ヘルスブルッカーホップ」の使用比率も上げる。