早い話が、実は、もしも

『広告企画3つの魔法ワード』

◎コピーを書くときは「早い話が」を前につけて考えてみる。

◎インサイトを見つけるときは「実は」を前につけて考えてみる。

◎アイディアを考えるときは「もしも」を前につけて考えてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です