広告代理店がソーシャルメディア事業にシフトすると、低価格で、絶え間なく、手早く制作できる人材が重宝される

広告代理店がソーシャルメディア事業にシフトするとどんなことが起きるのか
PJA Advertising & Marketingという会社で実際に起きていることが紹介されていました。

起きていることは大きく二つ。

1. ソーシャルメディア企画の需要が高まり、
これまでの広告制作で重要でっあったクリエイティブ部門などの役割が低下。
その分ソーシャルメディア担当者がパワーを持ち始めている。

2. 絶え間なく生み出す必要がある「ソーシャルメディア・レディ・コンテンツ」を
低価格で手早く制作できる人材が重宝されている。

以下その抄訳を。

ソーシャルメディアプログラム、少なくともソーシャルな内容を大きく含む統合型のプログラムへのニーズが
新規ビジネスの大きな原動力になっている。
売上額は大型の広告には及ばないものの、クライアントにとっては非常に価値が高い。
これまでの広告制作のプロセスでソーシャルメディアの企画に取り組んできたが、それは間違っていた。
それはコストを高くするが、必ずしも付加価値を生み出してはいなかった。
この仕事は制作やその管理進行抜きに行われることが多く、クリエイティブ部門ですらあまり出番がない。

A major driver of new business has been the demand for social-media programs, or at least integrated programs that have a large social component. These social media programs do not command the same pricing as larger advertising programs, but they have high value for clients. Originally, we made the mistake of trying to manage these programs through the established agency creative process. It drove up the costs and didn’t necessarily add any value. The work can largely be managed without production and traffic, and the creative department often plays a tangential role.

その代わりに設けたのが「ソーシャルメディア・アナリスト」というポジション。
ソーシャルメディアとクライアントのチャレンジの理解を行うこの担当者の責任範囲は
アカウント、クリエイティブ、デジタル、そして媒体に及ぶ。

In response to this dynamic, we have created a new role in the agency for a Social Media Analyst, a hybrid role that understands social platforms and the client’s marketing challenges. Their responsibilities span account, creative, digital and media roles.

今や会社組織の重心は、
アセットを生み出す部門から、ソーシャルネットワークを扱う部門にシフトしつつある。

It has also begun to shift the organizational center of gravity from teams of people who create assets to people who manage social networks.

もう一つの変化は、代理店に対する要求が、
ソーシャルチャネルに数多くフィードすることが可能な、手早く低価格で作れるコンテンツになってきたこと。
これを「ソーシャルメディア・レディ・コンテンツ」と呼んでいる。
多くの場合、このためのクリエィティブブリーフは必要とされず、クリエィティブディレクターさえ不要。
高額な高いコンセプトによる仕事と並行して、私たちは途切れることなくビデオや音楽、テキストのコンテンツを生み出し
多くのチャネルに送りだしている。
それらの多くのライフタイムは短い。

A second force changing the agency economy is the demand for fast, inexpensive content that feeds a lot of the new social and digital channels. Mike O’Toole, our president, calls this social-media-ready content. In many cases, this work doesn’t require a creative brief. It often doesn’t need the management of a creative director. Side by side with the production of highly produced, high concept work, we’re also producing a steady stream of video, audio and written content that gets deployed across multiple channels and may have a very short shelf life.

クライアントの「ソーシャルメディア・レディ・コンテンツ」への評価は高まるばかりだが、
これを迅速かつ低価格で制作しなければならない。
私たちはそこで、記者経験のあるライターを雇い、最低限のクリエイティブや管理サポートで撮影、編集の全工程を
一人で回せるビデオプロデューサーのグループを拡大させている。

Increasingly, clients place a high value on this social-media-ready content, but we need to produce it quickly and less expensively than other communications. We’re hiring more writers with journalism experience. We have a growing group of video producers who can shoot and edit an entire production independently with a minimum amount of creative and administrative support.

こうした変化は新しい職種や経済モデルを生み出している。

These changes have created a demand for a new kind of talent and a new economic model.

追記:たくさんのRTをいただいたので、まとめました。色々な意見や感想を見ることができます。 http://togetter.com/li/3272

January 14, 2010
広告代理店がソーシャルメディア事業にシフトすると、必要な人材が変化することを示している事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です