[ソーシャルメディア]ディーエヌエー、増額修正、前期比25%増の202億円に

2010年3月23日 12:51

ディーエヌエー(2432)が3月16日に、自社製ソーシャルゲームの
「怪盗ロワイヤル」などのアイテム課金が好調で、今期の経常利益見通しを
期初の162億円→前期比25%増の202億円に増額修正した。

立花証券は3月19日のレポートで、ソーシャルゲームの各社の状況を解説。

【ngigroup(2497)、東証マザーズ市場】 
1月末にmixiアプリモバイルやDeNAのモバゲータウン向けに英語など
5教科のクイズで遊ぶ「ハクシキ!!シリーズ」を提供し、既に約80万人にユーザーを集めた。
続く「みんなの昆虫コレクション」は10万人の登録ユーザーを獲得。
また、昨年6月からアプリ開発事業者の資金調達を支援する「Applieファンド」も合計4本設立している。

【ベクター(2656)、大証ヘラクレス市場】 
自社開発した恋愛シミュレーションゲームのうち、mixiモバイルに提供している
「恋する私の王子様」やモバゲータウンに提供している「こいけん!」がユーザー数を伸ばしている。

【ケイブ(3760)、大証ヘラクレス市場】 
モバゲータウンに投入したレースゲーム「ミニ四駆」やシミュレーションゲーム「しろつく」が
合わせて約100万人のユーザー獲得。3月末には自社サイトで本格版「ミニ四駆」がスタートする。

【ドリコム(3793)、東証マザーズ市場】 
ミクシィに提供している「ハッピーアクアリウム」は既に約40万人のユニークユーザーを獲得し、収益化。
次に投入したモバゲータウンでは「ゲームスタジオ物語」が順調に収益を伸ばしており、
アプリ全体では1日約100万円の売上高となっている。

【AQインタラクティブ(3838)、東証2部市場】 
ミクシィパソコン版に提供している「ブラウザ三国志」は、ミクシィ以外の会員数も含め
昨年11月末の約20万人から現在約78万人に急拡大しており、順調に収益化。(W)

関連ニュース

[ソーシャルメディア] (立花証券)(2010年3月23日 12:51)【NSJ日本証券新聞ネット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です