あられが降る朝、4月17日

関東北部など 最も遅い降雪に

4月17日 4時46分

強い寒気の影響で、16日から関東甲信の山沿いなどを中心に雪やみぞれが降り、宇都宮市や前橋市などでは、41年ぶりに雪が降った日の最も遅い記録に並びました。関東などの雪は昼前までにほぼやむ見込みですが、気象庁は、しばらくの間、路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、本州の南岸にある低気圧と上空の強い寒気の影響で、関東甲信や東北南部などでは、山沿いを中心に16日から雪やみぞれが降り、ところによって平野部でも雪が積もっています。17日未明には、宇都宮市と前橋市、甲府市、それに埼玉県熊谷市で雪やみぞれが観測され、いずれも昭和44年の4月17日以来、41年ぶりに雪が降った日の最も遅い記録に並びました。低気圧がしだいに遠ざかり、関東などの雪は昼前までにはほぼやむ見込みですが、上空には寒気が残るため、関東甲信では日中も気温の低い状態が続く見込みです。気象庁は、しばらくの間、路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

関東北部など 最も遅い降雪に NHKニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です