モバゲー⇒実店、送客実験

DeNA、ゲーム「モバゲータウン」から広告掲載企業の実店舗へ送客 FeliCa活用し、総客効果高める

株式会社ディー・エヌ・エーは、同社運営のゲーム「モバゲータウン」会員(1800万人以上)をFeliCaを活用し、広告主の実店舗へ送客することを目的とした「リアル送客アフィリエイトサービス」の実証実験を開始した。

広告掲載企業は、通常来店しない新規顧客の来店を促進することができ、
モバゲータウンの仮想通貨「モバゴールド」が付与されることで、より一層の送客効果が見込める。
FeliCaを活用する為、送客実績や購買実績のデータを把握・分析し、実際の来店者数・購買者数に応じた
広告出稿・販促活動を実施することが可能となる。
第一弾として、2010年4月19日より下記店舗で実施し、
第二弾は2010年5月中旬より参画店舗を追加して実施する。

【 第一弾サービス参画の店舗】
「レストランカラオケ・シダックス」:関東/関西/東海の一部40店舗
CD/DVD販売「タワーレコード」:全国81店舗
生活総合雑貨「東急ハンズ」:全国18店舗
エンタテイメント施設「東京ドームシティ アトラクションズ」
時計の専門店「TiCTAC」:全国58店舗
メガネの専門店「POKER FACE」:全国24店舗
メンズギアのセレクトショップ「COLLECTORS」:全国29店舗
化粧品・化粧雑貨の専門店「ROSEMARY」:全国20店舗
レディース服飾雑貨のセレクトショップ「annabeille」:全国8店舗
複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」:対象店舗全国の直営46店舗

DeNA、ゲーム「モバゲータウン」から広告掲載企業の実店舗へ送客 FeliCa活用し、総客効果高める | ファインドスター 広告ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です