居場所をつくる、つながりの前に

『“ひとり”が怖い』
今大学生に「友達がいないと思われる」ことを極端に恐れる傾向が高まっているという。
一人でいるところを友だちに見られたくないと、トイレにこもって昼食をとる「便所飯」をしている学生もいるという。
専門家は、今の若者は身近な人とのつながりを持っていると実感することが
自分の存在感(=自己肯定感)の大きな根拠となっているのではと分析している。
大学側も「キャンパスでの孤独」を防ごうとさまざまな対策に乗り出している。
若者の友だち関係に対する心理を探る。

NHK首都圏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です