問題の広告の期間は数週間前に終わっている

【パリ】英広告規制局(ASA)は26日、機械も併用して製作されているバッグが全くの手作りであると消費者を勘違いさせる可能性があるとして、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの2種類の紙媒体の広告の使用を禁止した

イメージ

Louis Vitton

問題となったルイ・ヴィトンの広告

この広告は 針と糸を使ってバッグの持ち手を縫う女性を描いたもので、ASAはこれを見た消費者がルイ・ヴィトンのバッグがすべて手縫いで作られていると解釈する可能性があると判断した
このため広告は事実に則さなければならないとするASAの規約に違反しており、消費者を惑わすと指摘した

同社は直ちにこの広告を回収しなければならない
この広告は広告大手の英WPP傘下のオグルヴィ・アンド・メイザーが制作し、昨年11月から世界各国で使用されていた

ビジネス・企業 / 英、ルイ・ヴィトンの2種類の紙媒体の広告を禁止-誤解を招くとして / The Wall Street Journal, Japan Online Edition – WSJ.com