一度腐ればどこまでも腐る、ゴールドマン

2008年の金融危機の責任を追及している米議会の金融危機調査委員会は7日、金融大手ゴールドマン・サックス(GS)が数十億ページ分の関連資料を送り付ける非協力的な行為があったと批判、強制力のある文書を発布して適切な内容の再提出を要求した

GSは調査能力を超えるような大量の電子データを送付したといい、委員会幹部は「混乱させるための周到な行為だ。想像以上に隠し事をしているかもしれない」と激怒した
同委員会は今年1月から約1年の予定で危機の真相解明を進めており、多数の金融機関に資料提出を求めている

一方、GS側は「今後も要求された情報を提供することを約束する」とコメントした(共同)

ゴールドマン、数十億ページの資料送付 “いやがらせ”に米議会が激怒 – MSN産経ニュース