結論から言えば、ソーシャルメディアとテレビ視聴率に相関関係は無い

●<ソーシャルテレビ>テレビの視聴率とインターネットでのバズの関係

欧米ではテレビを見ながらソーシャルメディアなどでつぶやく事をチャターとかバブラーとか言いますが、ソーシャルメディアモニタリング企業のViralheatが「テレビ視聴率とつぶやき」の関係を調査しました
テレビのニールセンの視聴率調査と比較した訳ですね

Viralheatはテレビショーに関するTwitter (Twitter), Facebook (Facebook), YouTube (YouTube), Google Buzz and other sourcesにおける書き込みを調査しました

結論から言えば「ソーシャルメディアのつぶやきや発言とテレビ視聴率は必ずしも相関関係は無い」そうです

「ソーシャルメディアのつぶやきや発言は寧ろ感情的なものが多く、だからといって視聴率の増加には繋がらない」ということです

しかしテレビ番組の評価には視聴率とソーシャルメディアの書き込みの両方を見比べる時代は確実に来ているようです

neilsen-versus-buzz-small.png.jpeg

<引用:マーシャブル>

★★Does Online Buzz Mean Better TV Ratings? [INFOGRAPHIC]
http://mashable.com/2010/06/24/neilsen-vs-social-media/

 

Then Viralheat compared the social media buzz with the Nielsen TV ratings for each show. Does chatter on the web equate to eyeballs on TV screens?

Not necessarily. Their research determined:

* Online buzz does not always correlate with ratings.
* Sentiment analysis of social media chatter casts those mentions in a new light.
* Even when ratings are lukewarm (as was the case for the Lost season finale) social media chatter can be overwhelming in volume. But a lot of those mentions online expressed a negative sentiment.
* Some shows, including Dancing With The Stars, saw good TV ratings but not many mentions online.

All in all, Viralheat found that Nielsen ratings combined with social media sentiment analysis provided the best snapshot of how a show’s season finale performed with viewers.

日本ナレッジマネジメント学会専務理事山崎秀夫borg7of9 twitter

<ソーシャルテレビ> テレビの視聴率とインターネットでのバズの関係: SNS,ソーシャルネットワーキング.jp