私は美しいに決まってるわ。美しいからこそ、浅草が御飯を食べさせてくれるのだわ。

浅草紅団」川端康成(1996/1930)

浅草には、人間の姿のみじめな醜さを売り物にする物貰いが、あんまり多いんです

私は男といると、自分をいつも計算しているのよ
女になりたい心と、女になるのがこわい心とを、秤の両方にかけて

私はね、ずうっと前から、あんたを知ってたのよ

なんだって思い出してあげるわ

あんたも割と間抜けね
悪いことをするには、覚えがいいってことも大切よ

姉さんの恋を見ていて、私は女になるものかと思った

ほんとうの女には悲劇がない

霞は朝薄く、夕に深し
霧は朝深く、夕に薄し
陽炎は消えて明るく
稲妻は消えて暗し
紅葉は峰より染め
花は麓より咲く
川音は昼静かに、夜騒がしく
海の音は昼騒がしく、夜静かなり
木の花は朝に開き
草の花は夕に開く

・・・・・・・・・・

浅草紅団・浅草祭 (講談社文芸文庫)
川端 康成 
講談社 
売り上げランキング: 224635