しかしながら短期間のうちにGrouponは新聞社を必要としなくなるでしょう、Grouponと大手新聞社提携 @grouponw

Grouponは米国28の地域で地方紙を経営するMcClatchy社と全国的な契約を結びました
これによりGrouponはMcClatchy傘下の地方紙ウェブサイトに、専用のコンテンツを配信できるようになります
McClatchyのウェブサイトには、Groupon.comとは別の取引が掲載されるようになります
毎日のGroupon取引は、サクラメントとカンザスから始めて、その後他の地域へと広げていきます

Grouponの持っている若い富裕層のユーザーと、新聞社サイトの読者は恐らくかなり趣向が違います
この違いを乗り越えてGroupon取引を提供するのは、Grouponにとっては挑戦でありチャンスとなります
Grouponは新聞社のブランドや地域の読者を活用できるメリットがあります
新聞社にとっては新しい利益モデルとなります…

Grouponの強みは販売プレゼンスと、紹介できる企業の蓄えです
McClatchyとしては自分自身で取引を売るのは困難です
…他の広告モデルとの競合という問題もあります
「クリックではなくて顧客に支払う」というGrouponの提案は、McClatchyがローカル市場で中小企業に売っているマーケティングの形(SEM等)と競合してしまいます

GrouponとMcClatchyの関係では、Grouponが”広告主を所有”して、McClatchyは”読者、消費者を所有”することになります
米国の新聞社サイトは、オンライン視聴者の60%にまでリーチするというcomScoreのデータがあります
GrouponはMcClatchyの市場で更なるリーチを得て、恐らくいくらかのブランド力と認知度も得るでしょう
しかしながら短期間のうちに、Grouponは新聞社を必要としなくなるでしょう

Grouponと大手新聞社が提携 – 日刊Groupon新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です