「紙の広告単価を維持したまま」電子化で印刷・配本費を圧縮できれば論 ~ 「全てがボーダレスになっていく」環境で、広告主はむしろ媒体社に支払う「広告単価」を切りにくるのでは @ta

View more presentations from tabbata.

先を読むことなんて、ほとほと出来ないものですが、一つだけ私が確信していることがあります

スライドの43Pに書きましたが
「全てがボーダーレスになっていく」
ということです

-媒体社/広告代理店/広告主の境界線
-雑誌アプリとウェブサイトの境界線
-広告と広報の境界線
-プロとアマとの境界線

TABLOG:iPadが雑誌ビジネスをどう変えるのか?全てがボーダーレスになっていく – livedoor Blog(ブログ)

1冊あたり粗利 5$の雑誌事業、あまりに大きな広告収入依存(p31)
収入11$(販売 1$、広告 10$)
原価6$(紙・印刷・配送 4$、制作 2$)

誤植「PDCAをのサイクルを圧倒的早められる」(p23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です