名前が、切り口BOY・・・

ビジネスシーンでのアイデア創造を支援

博報堂の専門組織「こどもごころ製作所」は、7月6日から、ビジネスシーンでのアイデア創造を支援するiPhoneアプリケーション「切り口BOY(ボーイ)」の販売を開始した
価格は230円
「AppStore」からダウンロード可能だ

「切り口BOY」は、こどもごころ製作所が開発したiPhoneアプリケーション第2弾

検討したいテーマを画面に入力すると、キャラクターが計20個の多種多様な“切り口”案をユーザーに提示する仕組み
同じテーマで何度でも繰り返しオーダーができ、毎回違う20個の切り口が生み出されるという

大量の単語データベースのなかからランダムに抽出した言葉をユーザーが入力したテーマと合体させるプログラムによって、まるでこどもの発想のようにクリエイティブで意外性のある切り口を生み出すとのこと

子どもの発想をiPhoneで再現 「切り口BOY」発売 WomanApps(ウーマンアプス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です