活用してないが興味ある62%、Twitterの企業利用

企業のキャンペーン担当者に対し、プロモーションにおいてTwitterを活用しているかを尋ねたところ
「活用している」との回答は14%
「活用していないが興味がある」は62%
となり、関心の高さが伺える結果となりました

既にTwitterを活用している企業に対し、活用の理由を尋ねたところ
「話題性があるから」(61%)
が最も高く、次いで
「消費者とコミュニケーションをとることができるから」(48%)
「費用がかからないから」(43%)
となりました
一方、Twitter活用に興味がないと回答した企業に対し、その理由を尋ねたところ
「どの程度効果があるかわからないから」(34%)
が最も多く、次いで
「自社のターゲットと合っていないから」(28%)
「運用できる体制がないから」(23%)
となりました

プロモーションにおけるTwitter活用状況(単一回答)【n=619】
図1プロモーションにおけるTwitter活用状況(単一回答)【n=619】
Twitterを活用している理由(複数回答)【n=84※Twitter活用企業】
図2Twitterを活用している理由(複数回答)【n=84※Twitter活用企業】
Twitter活用に興味がない理由(複数回答)【n=143※「興味はない」回答企業】
図3Twitter活用に興味がない理由(複数回答)【n=143※「興味はない」回答企業】

Twitterプロモーションに関する企業の意識調査 話題露出/バズ効果はTVCM以上と評価【リサーチ】(2/4):MarkeZine(マーケジン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です