和×マンゴー・ブーム、か?! 紀文堂「マンゴー水羊羹」、松月堂「マンゴー餅」、大黒屋「マンゴーオーレ大福」

マンゴー×和菓子の異色コラボ!濃厚なアルフォンマンゴーを水ようかんにした「マンゴー水羊羹」(170円/紀文堂)

拡大写真

マンゴー×和菓子の異色コラボ!濃厚なアルフォンマンゴーを水ようかんにした「マンゴー水羊羹」(170円/紀文堂)

マンゴーと“和”が、異色のコラボを展開!
横浜では、夏だけの“マンゴー和菓子”が急増中なのだ

濃厚なアルフォンマンゴーを水ようかんにした「マンゴー水羊羹」(170円)は、四季折々の和菓子が楽しめるあざみ野の正統派和菓子店「紀文堂」のもの
果実の自然な甘味に、さっぱりとした白あんの甘さが絶妙に調和し、夏でもペロリと食べられそう
8月末まで販売予定だ

コロンとした卵型の「マンゴー餅」(150円)は、藤沢の「松月堂 わびすけ」で
ベーシックで昔懐かしいお菓子の中に、独創的な新スイーツが並ぶ
なかでも、もちもちの求肥にマンゴーピューレと白こしあんを包んだ「マンゴー餅」は、黄色いあんとまぁるい形がまるで熟したマンゴーのよう
8月末まで

アイス感覚で冷やして食べるのは、寒川にある「大黒屋」の「マンゴーオーレ大福」(136円)
昭和11年創業の老舗から出るマンゴー和菓子は、生クリームとマンゴーあんが口の中で溶け合い、まろやかな甘味が広がる
生地にもマンゴーが練りこまれた優しいオレンジ色のビジュアルが特徴
冷やした後、少し溶け始めたくらいが食べごろだ

南国フルーツ×和のコラボ!“マンゴー和菓子”がアツい! – 横浜ウォーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です