何のための来日なのか、拉致問題担当相の無能

来日していた金賢姫元北朝鮮工作員(48)が“VIP待遇”を受けていたと批判されていることに関し、来日を主導した中井洽・拉致問題担当相(68)が23日、“逆ギレ”した
ヘリコプターでの飛行に日本観光の目的があったことを認めた上で「何が問題なのか
こんなことで非難されるなら、世界中だれも、情報を持った人は日本に来てくれない」と反論
同日、金元工作員は帰国したが、韓国内でも「テロリストを厚遇した」と厳しい論調の報道もなされている

115人の命を奪った大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯である金元工作員の滞在中の厚遇を巡っては、批判の声が上がっていた
長野・軽井沢の鳩山由紀夫前首相の別荘に滞在し、夕食会を開催
また、22日はヘリをチャーターし、東京・調布飛行場から、直線距離30キロの江東区の東京ヘリポートに移動する際、藤沢市の江の島上空などを約40分かけて大回りした

元工作員は拉致被害者家族と面会したが、被害者の消息につながる新情報は得られなかった
自民党の谷垣禎一総裁は「パフォーマンスとしか言いようがないし、国際的に日本がテロをどうとらえているのか、理解が得られない」と批判している
韓国では「高価な政治ショー」と厳しく報道するメディアもあった
成果への疑問も含め、今後も国内外で議論の対象となりそうだ

中井氏は、金元工作員に子供たち用のゲーム機など土産も渡したという
機種にもよるが、一般に1時間で50万円前後かかるヘリのチャーター料金を含め、来日滞在に要した国費=税金について、仙谷由人官房長官は23日の会見で「全く知らない」と述べている

中井拉致問題担当相、「テロリスト厚遇」批判に逆ギレ「何が問題なんだ」:社会:スポーツ報知

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です