モバゲー過去最高収益、130億 @nikkeitter

交流サイト運営のディー・エヌ・エーの2010年7~9月期の連結営業利益は130億円程度と、前年同期の4倍強に拡大したようだ
従来予想を10億円ほど上回り、四半期ベースの最高を4四半期連続で更新した
主力の「モバゲータウン」の利用者が増えており、ゲームを続けるために支払う課金収入が伸びている

売上高は270億円程度と3倍強に伸びた
自社提供ゲームが好調で、宝物を奪い合う「怪盗ロワイヤル」、戦国武将が戦う「戦国ロワイヤル」が人気を集めている
ゲームは無料で始められるが、より楽しむために使う武器や道具などの「アイテム」が売れている

7~9月期は4~6月期に比べ売上高が12%増え、営業利益は8%ほど増加した

7月末時点の会員数は2048万人
月に数十万人のペースで増えており、30歳代以上の会員が特に伸びているという

自社製ゲームに加え、外部の開発会社がモバゲーに提供するゲームの利用者も増えている
ベクターの恋愛シミュレーションゲーム「こいけん!」、サイバーエージェントのタレント育成ゲーム「ドリームプロデューサー」などが人気だ
月次の売上高が1億円を超えるゲームも複数出てきている

広告宣伝費や人件費の増加を売り上げ増で吸収している
7~9月期はテレビコマーシャルに4~6月期実績(26億円)を上回る金額を投入
新規の1ユーザーを獲得するための単価は上昇しているが、利用が途絶えていたユーザーを再びサイトに呼び込む役割も果たしている

ゲームを開発する技術者やデザイナーなどを積極採用
9月末時点の従業員数は873人と、6月末から12人増加した

ディーエヌエ、営業益が最高の130億円 7~9月期  :日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です