フェイスブックでファンになること=パーミッションではない。ツイッターは使わない人に配慮を。「メール×フェイスブック×ツイッター」 @netadreport

エグザクトターゲットによる調査シリーズ「Subscribers, Fans & Followers」が完結した
サブスクライバーとは、同意した電子メールを1日に1通以上受信する消費者のことで、93%が当てはまる
ファンとは、フェイスブックでひとつ以上の企業かブランドのファンになっている消費者のことで、38%が当てはまる
フォロワーとは、ツイッターでひとつ以上の企業かブランドをフォローしている消費者のことで、5%が当てはまる
調査報告書6冊の概要は次の通り。
——————————
1. Digital Morning
オンラインで1日の最初に利用するものは、
電子メールが58%、
検索エンジンやポータルサイトが20%、
フェイスブックが11%
2. Email X-Factors
消費者にとって電子メールは使い慣れていて管理しやすい
プライバシーに配慮して、彼らが期待する情報や独占情報を配信すると有効
3. The Social Profile
インターネット利用者を12種類のペルソナに分類
デモグラフィックスでなく動機に迫って戦略を立案することが大切
4. Twitter X-Factors
ツイッターには伝播力がある
いろいろな活用法がありフォロワーの期待もさまざま
利用しないひとにも配慮を
5. Facebook X-Factors
フェイスブックの主要な利用目的は友人とつながること
ファンになることはマーケティングの許可に当たらないことも

電子メール、フェイスブック、ツイッターの統合戦略: インターネット広告のひみつ – ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です