日本はまだ、インタレストグラフ>ソーシャルグラフ @jic_news #adtechtokyo2010

現在、世界で平均するとネット人口の75%がソーシャルメディアを利用しているという
しかし、その利用動向は日米で大きく異なるという
日本では、レビューサイト、Q&A サイトなどの「インタレストグラフ(興味関心によるつながり)」がユーザー利用のボリュームゾーンであり、SNS は相対的に見るとまだそれを凌駕する存在になっていない
ソーシャルグラフの活性化やそれを活用した企業とネットユーザーのエンゲージメントの構築はまだこれからのステージになる

【ad:tech tokyo】 ソーシャルメディアマーケティング-日米の違いから見えてくるものとは – japan.internet.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です