凸版×電通でTwitter分析メニュー @jic_news

凸版印刷は2010年11月1日、サイバー・バズ、電通、トライバルメディアハウス、ホットリンクと共同で、Twitter での情報伝播分析技術を開発した、と発表した

この技術は、各社が自社ソーシャルメディア分析ツールに組み込み、11月16日に販売を開始する

主な分析技術は、Twitter 上での露出指標(発言数、リーチ、フリークエンシー、ツイート GRP)の定量化技術、ユーザーごとの影響力の定量化技術、つぶやきの情報伝播経路の可視化技術、時間別話題内容の変化把握技術、つぶやきの評判分析技術など
凸版印刷では、自社口コミ Blog 分析ツール「Social Media Live!」に、Twitter 分析機能を追加オプションとして追加、販売を開始する

追加オプション料金は、3キーワードで月額5万円(税別)
追加1キーワードにつき月額1万円(税別)となる
Social Media Live! の基本料金は、初期費用10万円、月額10万円から(税別)

Social Media Live!は、国内の Blog や掲示板などに投稿される口コミ情報(51億2,646万5,412記事、2010年10月28日現在)をリアルタイムに収集、分析する、口コミ Blog 分析 ASP サービス

凸版、電通などと企業向け Twitter 分析技術を開発 – japan.internet.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です