必ずしも地域店にヒモづかない共同購入 @Capote

Click to view large

Facebook上で200万人弱のファンを擁するWalmartが、Groupon的な手法を取り入れたキャンペーンを行いました

それが上の画像ですが、

5,000人のLikeが集まったら、プラズマテレビを18%オフで販売するというもの

Crowdsaverというアプリケーションを使ったもののようですが、AdAgeの記事によると、 24時間かからずに5000のLikeが集まった、とのこと
Likeをした人が実際に買うかどうか、という点でGrouponとは異なりますが、なかなか面白いLikeの集め方といえそう

ちょっと前の例になりますが、UNIQLOがイギリスで行った”Lucky Counter”キャンペーンは、今回のWalmartのキャンペーンのTwitter版ともいえるもので、記憶に新しいところです(というより今回のWalmartがUNIQLOのFacebook版というべきか)

お気に入りの商品を選んでTweetすると、一定額まで価格がどんどん下がっていく(それを可視可している)というもの

1 of 2

Click to view large

両者の事例とも、予め設定した値下げ価格で単にセールをするのではなく、グループ購入的な要素を組み込んでTweetするなりLikeしてもらうという、告知効果を加えたもので、販促+告知としての効果があるといえそうですね

蛇足になりますが、Likeを集めるといえば、最近日本のブログでも見る機会が増えてきたRed Bullのこのデザイン、とても印象的です
“The Call to Action”と、名づけたくなります

Click to view large

ちなみにRed Bullは、Facebook上でオンラインゲームや動画コンテンツを数多く提供するなどの付加価値を提供し、1,000万以上のファンを擁する一大コミュニティとなっています

Groupon的なアプローチをとったWalmartのFacebookファンページ:Like獲得と値下げセールの連動 – the Public Returns – 続・広報の視点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です