広告マンガ、ネットで受注3.5倍 @netadreport @SankeiBiz_RSS

漫画を使って商品PRや広報ツールとする「広告マンガ」制作大手のトレンド・プロ(東京都港区)が企業や官公庁からの受注件数を伸ばしている
2010年10月期の年間受注件数は、5年前の3.5倍に相当する283件(前期比11件増)と増加
発注企業数も5年前の4倍の104社(同16社増)に増えた
分かりやすく親しみやすいなどの点が評価されているほか、コストが安いインターネット上だけで利用するケースが増えてきたためで、今後も市場拡大が予想されている

在庫の心配無用

トレンド・プロは企業など発注者の要望を聞きながらマンガのストーリーや構成を提案
最終的には同社に登録している約1000人の中から漫画家を選ぶ
これまでの累計制作件数は、10月末現在で935社・団体から2734件にのぼっている

同社の受注件数が増え始めたのは07年から
背景には、同社がホームページ「アドマンガドットコム」で登録漫画家リストを公開し、どのような“画風”の漫画家がいるか確認できるなどネットを通した発注が検討しやすくなったことがある

【飛躍カンパニー】トレンド・プロ、広告マンガがネットで市場拡大 受注3.5倍に (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です