「インターネットでは、新たな情報に価値があります。ソーシャルネットでは、友人・知人の動向(近況、レコメンデ―ション)に価値があります」 @techwavejp

「インターネット」と「ソーシャルネット」

これからは、というよりもうすでに、インターネットの世界は二分されています
それが、「インターネット」と「ソーシャルネット」です

インターネットは、これまで通り、世界中の人々に一瞬でアクセスすることができ、膨大な知識を共有できる巨大なBrainのような存在です
これまで出会うことのなかった人々との出会いもあるでしょう。そういったやりとりが誰からも見ることが可能なオープンな世界が、インターネットです

一方ソーシャルネットとは、あなたの友人・知人と交流する場です
新たなコミュニケーション方法であり、使い方によってはあなたとあなたの友人・知人とのコミュニケーションをより豊かなものにしてくれます
そしてこれらのやり取りはお互いの共通の友人・知人からしか見ることはできず、閉ざされた世界がソーシャルネットです

インターネットでは、新たな情報に価値があります
ソーシャルネットでは、友人・知人の動向(近況、レコメンデ―ション)に価値があります

CGM等にはインフルエンサーがいます
インフルエンサーとは、アルファブロガーなどの、影響力の強いユーザーのことです
CGMではインフルエンサーが主役です
影響力の強い彼らには自然と広告も集まってきます

一方、ソーシャルでは誰もが主役です
あなたの報告、更新、発信を楽しみにしているユーザーがいるのです

蔓延する誤った「ソーシャルメディア」の定義【水谷翔】 : TechWave

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です