電通、アプリ内課金サービス提供開始 @cnet_japan

電通とコニットは11月26日、デジタルコンテンツを販売する事業者向けに、Android端末向けのアプリ内課金機能を実現する課金支援サービスをASPサービスとして提供開始した

今回提供するのは、「Samurai Purchase Android版」と「Samurai Purchase iPhone/iPad+Android版」の2つ
決済システムはGMOペイメントゲートウェイを決済代行会社としてPayPalによる決済方法を採用している
iPhone/iPad+Android版ではアプリ内課金に関する機能を一元管理できるサービスを提供する
アプリの提供者は、同一の管理画面上で解像度の異なるそれぞれの端末に向けたコンテンツ構成やインターフェースを調整でき、売上集計もすべて一緒に管理できるという
Android版では12月末までにクレジットカード決済も利用できるようになる予定だ

利用料金はAndroid版が月額12万6000円から、iPhone/iPad版+Android版が月額13万6500円から

電通とコニット、Android端末向けのアプリ内課金支援サービスを提供 – CNET Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です