ソーシャルに花を添えるのがソーシャルゲーム @cnet_japan

孫正義氏
最近、FacebookのページビューがGoogleを抜いた
そのFacebookの全体のトラフィックの約3分の1はZynga1社で叩き出している
もしZyngaがFacebookにゲームを提供していなかったら、Facebook自体のトラフィックは3分の1減っていたことになる

それほど大きな影響を与えるZyngaはどんな会社かというと、ソーシャルゲームに特化している
いままでのオフラインのゲーム、オンラインのPCゲームとまったく違い、自分の友だちとつながり合うから飽きない
コンピュータやバーチャルな敵と戦うわけではない
自分の本当の友達と日常会話をするように時間を過ごす
ゲームという媒介を通じて家族や友達との心の触れ合いを強化する、まさにソーシャルの世界のゲームカンパニーであると認識している

その勢いは全世界のあらゆるプラットフォームに成長している
すでにFacebookでは圧倒的にナンバーワンだが、AppleのSteven Jobs、MicrosoftのSteve Ballmer、GoogleのEric Schmidtら米国トップのネット企業のCEOがZyngaにだけは特別待遇
Zyngaを得たものがトラフィックとユーザーを得ることになるからだ
もちろん、そのZyngaを日本ではソフトバンクが一緒に仲間として頑張っていく

モバイルインターネットのこれからの姿は、そういった人と人のつながりなしでは成り立たないし、ソーシャルなしには成り立たない
そのソーシャルに花を添えるのがソーシャルゲームの世界
その分野で圧倒的ナンバーワンがZynga
私がソフトバンク自身の製品の発表ではないところに、自らやってくるというのは今までの経験でもほとんどない
それくらい大切な位置づけとしてZyngaをとらえている

ソフトバンク孫社長「Zyngaを得たものがトラフィックとユーザーを得る」 – CNET Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です