Facebookが堅調、Twitterは再成長 @toru_saito

2010年11月度の最新ニールセン調査によると、ついにTwitterの国内利用者は1,244万人となり、国内ネット人口(PCを対象として約6,000万人)に対して、はじめて20%を超えたことがわかった

データ元は、ネットレイティング社提供によるインターネット利用動向調査「ニールセンNetView」サービス
対象は一般家庭および職場のPCユーザーとした
 
Chart1

利用者でいくと、mixiは961万人、Twitterは1244万人、Facebookは293万人
ただしペーシビューや利用時間ではmixiが他の2サービスを圧倒しており、アクティブ率や滞在率ではmixiが際立つ結果となっている
 
また、Twitter訪問者には専用クライアント(TweetDeck, Hootsuite等)のアクセスは含まれていないため、実際のユーザー数はもう少し多いはずだ
参考まで、Twitter社の9月4日ブログによると、Twitter.comユーザーは全Twitterユーザーの約78%とのこと
この数値を単純に適用すると、11月度のTwitterユーザーは約1,600万人に達すると推定される
 
次のグラフは、この三社の2010年度の利用者数推移をあらわしたものだ

Chart2
  
2010年4月から約4ヶ月間、横ばい状態が続いたTwitterだったが、9月以降は利用者数で再成長のステージに入っていることがわかる
ただし後述するが、一人あたり利用時間やPVは減少が続いており、その結果、ページビューは3ヶ月連続で低下している
mixiは残念ながらPCベースでは停滞が続いている
またFacebookは堅実に成長し、あとわずかで300万人に到達するレベルとなった

mixi, Twitter, Facebook 2010年11月最新ニールセン調査 〜 Twitter、ついに国内ネット人口の20%超え:In the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です