先月の下旬ごろだろうか? グルーポンさんから電話があったのは

さらに
通常の販売価格より安くしてほしいという
つまり
5000円で通常販売している商品の定価を10000円にして
それをさらに4500円で売らせてほしいという

簡単にいえば
さらなる値引き
そして
値引きしたものの何パーセントかは
手数料
例えば手数料が30%なら

3150円がお店の取り分

つまり
5000円で通常販売している商品を3150円

売れということ

ちなみに当店に提示された
手数料利率はもう少し低かった

では
それでも、いやそれ以上の手数料利率でも
やっているお店が実在しているのはなぜか?

通常価格商品5000円の30%を手数料
として取られて
材料原価率が30パーセントだと
残りの40%は家賃や人件費などの経費になるので
利益は0円
それ以上の手数料であればマイナスだろう

【ぐるなびお店のブログ】 飲食業の裏側全部見せます。: グルーポンさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です