Android、iPhoneを抜く @techcrunchjapan

アメリカにおける携帯電話契約者の統計がcomScoreから発表された
それによると、2010年11月にAndroidは総ユーザー数で初めてiPhoneを抜いた

comScoreの推計によれば、この時点でアメリカには6150万人のスマートフォン契約者が存在し、そのうちの26%がAndroid、25%がiPhoneのユーザーだったという

スマートフォンのトップ3プラットフォーム
2010年9-11月平均 vs. 2010年6-8月平均
13歳以上の米国の全スマートフォン契約者
ソース:comScore MobiLens
全スマートフォン契約者に対するシェア(%)
6-8月 9-11月 増減(ポイント)
全スマートフォン契約者 100.0% 100.0% N/A
RIM 37.6% 33.5% -4.1
Google 19.6% 26.0% 6.4
Apple 24.2% 25.0% 0.8
Microsoft 10.8% 9.0% -1.8
Palm 4.6% 3.9% -0.7

Android、ついにアメリカの全ユーザー数でiPhoneを抜く(comScore調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です