「実はこどもニュースを見ていたのは子供ではなく、大人だった」- 池上彰というイノベーション – @ikedanob

彼は「週刊こどもニュース」で有名になった
普通の記者はああいう仕事はいやがるものだが、それを11年もやったのは彼なりの信念があったからだろう
それは平均的な視聴者は驚くほどものを知らないということだ
たとえばEUの財政危機の話をするとき、池上さんは「EUの加盟国を知ってますか?」という話から始める
普通の視聴者はEUという名前は知っているが、その意味はぼんやりとしか知らないので、それは新情報なのだ

もちろん知っている人にとっては、池上さんの話はほとんど情報がない
だいたいウィキペディアに書いてある程度の内容をなぞっているだけだ
しかしそれは大部分の視聴者にとっては、形骸化した公教育よりずっと価値のある社会人教育なのだ
彼はNHKの大事なノウハウを活用して、民放も気づかなかった新しい市場を開拓したイノベーターなのである

池田信夫 blog : 池上彰というイノベーション – ライブドアブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です