「民放の場合、日本テレビの土屋敏男さんのいうように『馬鹿にどう見せるか』を考える」- テレビの終わりの始まり – @ikedanob

今年7月のアナログ停波は、テレビ業界の終わりの始まりだ
政府の宣伝している「普及率80%」というのは世帯ベースの数字で、台数ベースでは半分強である
つまりお茶の間のテレビは地デジ化されるが、個室のテレビは粗大ゴミになり、若者はタブレット端末でYouTubeやニコニコ動画を見るだろう

これは日本の会社の置かれている状況の典型である
過去の成功体験から逃れられず、ビジネスモデルを変えないで品質管理に手を抜き、人件費を削減し、下請けを買いたたく
横並びでゆっくり沈んでゆく限り経営者の責任は問われない

テレビの終わりの始まり : アゴラ – ライブドアブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です