ドコモとDNP、電子書籍事業 @internet_watch

トゥ・ディファクトは、携帯端末向けの電子書籍ストア「2Dfacto」を1月12日にオープンする

トゥ・ディファクトは、大日本印刷(DNP)、NTTドコモ、DNP子会社であるCHIグループの3社が設立した、電子書籍事業の共同事業会社
1月12日には、DNPの電子書籍配信サービスである「honto」(ホント)を中心に据えた電子書籍ストア「2Dfacto」(トゥ・ディファクト)をオープンし、電子書籍の配信を開始する

オープン当初はhontoで配信されている文芸書、コミックを中心に約2万点を配信
特集、新着、オススメ、ランキングといったコーナーに加えて、詳細な項目まで対応した検索機能、購入した電子書籍の管理機能が用意されている

同サイトでのコンテンツは「XMDF」「.book」「BS Reader」「JPEG」などさまざまなフォーマットで配信される
電子書籍コンテンツには、文芸書などで評価の高いフォント「秀英体」を、ディスプレイでの表示用に改訂した「秀英横太明朝体」が搭載されている

タイトル数は、2011年春までに10万点にまで拡大されるほか、新刊書や雑誌、新聞、動画を盛り込んだコンテンツの配信も予定されている
2011年中には、1度購入したコンテンツを複数の端末で閲覧したり、しおり機能を共有したりできる機能も提供される

また、2011年中にはオンライン販売サイトの「ビーケーワン」(bk1)と、丸善、ジュンク堂、文教堂といった実際の書店との連携を図り、購入履歴の共有やレコメンド機能、ポイントサービス、付加コンテンツの提供も行う予定
同社ではこれらを三位一体とした「ハイブリッド型総合書店」として提供する構え

なお、hontoはこれまでパソコンとiPhone、iPad向けにサービスを提供しているが、これらは継続されるとともに、運営がトゥ・ディファクトに移管される

NTTドコモでは、「2Dfacto」を利用できる端末として、サービス開始当初はXperia、GALAXY S、GALAXY Tab、LYNX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、Optimus chat L-04C、ブックリーダー SH-07Cの7機種の対応を表明している
「ブックリーダー SH-07C」は1月21日に発売されるタブレット型端末
ドコモから今後発売されるスマートフォンおよびブックリーダーについても、「2Dfacto」に対応する予定

決済はクレジットカードおよび電子マネーに対応
2011年2月以降は、ドコモの端末ではspモードによるコンテンツ決済サービスが利用できるようになる予定
SH-07Cはspモードには対応しない

ドコモとDNP、電子書籍ストア「2Dfacto」を1月12日オープン -INTERNET Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です