「ものすごく悪い言い方をすると、もう、「馬鹿にどう見せるか」」 ほぼ日 – テレビという神の老後。 @TSUTIYA_ON_LINE @itoi_shigesato

土屋実は、
ぼくら地上波のテレビをやっている人たちは、
視聴者を、信じていないんですよ。

見ている人のことを、かなり
ものがわからない人だと想定して、
その人たちにどう見せるかと工夫しているんです。

ものすごく悪い言い方をすると、もう、
「馬鹿にどう見せるか」と、みんな絶対に
クチには出さないけれども、どこかのところでは
みんながそう思っているようなフシがありますね。

ほぼ日刊イトイ新聞 -テレビという神の老後。第11回 あなたは、消費者を信用できますか?

2002年の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です