コンテンツ販売・決済「One Pass」発表、Google @itmedia

米Googleは2月16日(現地時間)、パブリッシャー向けの新しいコンテンツ販売・決済サービス「One Pass」を発表した
前日に米Appleが発表した定期購読サービスよりも幾つかの条件がパブリッシャー寄りになっている

One Passでは、パブリッシャーは、定期購読形式、制限付き販売(一定金額で読める範囲を制限するなど)、雑誌の部分のみの販売など、コンテンツの販売形態を自由に設定でき、販売価格や決済タイミングもカスタマイズできる
決済はGoogle Checkoutを通して行う

Google、コンテンツ販売・決済サービス「One Pass」発表――Appleに対抗 – ITmedia News