チェルノブイリ原発事故で被災者の治療にあたった内分泌外科医の菅谷昭・松本市長は… @yomiuri_online

「特に、胎児への悪影響が懸念される妊婦や、放射性物質の影響を受けやすい15歳以下の子どもには、前もって安定ヨウ素剤を飲ませたほうがいい」と話す
安定ヨウ素剤は放射性ヨウ素が甲状腺にとどまるのを抑える
専門家が適切な量の投与をすれば予防効果は高く、チェルノブイリ事故の際、緊急投与を行ったポーランドでは、子どもに甲状腺がんが出なかったという
ただ、セシウムやストロンチウムの影響を予防する方法はなく、「定期的に検診し、早期に治療できる体制整備が必要だ」

被曝対策…ヨウ素剤の投与で発症予防 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)