「われわれをもっと使ってくれれば、もっと早く事態を収束できた。東電の対応にはがっかりだ」 @dol_editors

しかし、今回の福島原発の影響で、こうした事業計画はすべて見直しを迫られることになる

国内で原発の新設計画を進めることなど不可能に近い
すでに東電が進めていた青森県の東通原発1号機、2号機の新設計画はストップする見通しだ
そのほかも、ほぼすべてが凍結されるだろう

下表にまとめたのは海外の原発開発計画の一部だ
総電力量の約75%を原子力で賄う原発大国フランスは従来どおり新設計画を進めると宣言しているが、多くの国で計画が遅れるか、見直される可能性が高い

ある外資系証券アナリストは「東芝や日立が今までのように原子力事業から利益を積み上げていくことはかなり難しい」と予想する
今後を楽観できる要素は一つもない

吹き飛んだ将来の飯のタネ 東芝・日立は戦略見直しへ|Close-Up Enterprise|ダイヤモンド・オンライン