JCA-NETによる記事 「日本の原発奴隷」 http://ow.ly/4rYuQ

日本の企業は、原子力発電所の清掃のために生活困窮者を募っている
多くが癌で亡くなっている
クロニカ〔本紙〕は、このとんでもないスキャンダルの主人公達から話を聞いた

DAVID JIMENEZ東京特派員
福島第一原発には、常に、もう失うものを何も持たない者達のための仕事がある
松下さんが、東京公園で、住居としていた4つのダンボールの間で眠っていた時、二人の男が彼に近づき、その仕事の話を持ちかけた
特別な能力は何も必要なく、前回の工場労働者の仕事の倍額が支払われ、48時間で戻って来られる
2日後、この破産した元重役と、他10名のホームレスは、首都から北へ200kmに位置する発電所に運ばれ、清掃人として登録された

「何の清掃人だ?」誰かが尋ねた
監督が、特別な服を配り、円筒状の巨大な鉄の部屋に彼らを連れて行った
30度から50度の間で変化する内部の温度と、湿気のせいで、労働者達は、3分ごとに外へ息をしに出なければならなかった
放射線測定器は最大値をはるかに超えていたため、故障しているに違いないと彼らは考えた
一人、また一人と、男達は顔を覆っていたマスクを外した
「めがねのガラスが曇って、視界が悪かったんだ
時間内に仕事を終えないと、支払いはされないことになっていた」
53歳の松下さんは回想する
「仲間の一人が近づいてきて言ったんだ
俺達は原子炉の中にいるって」

この福島原発訪問の3年後、東京の新宿公園のホームレスたちに対して、黄ばんだ張り紙が、原子力発電所に行かないようにと警告を発している
“仕事を受けるな
殺されるぞ”
彼らの多くにとっては、この警告は遅すぎる
日本の原子力発電所における最も危険な仕事のために、下請け労働者、ホームレス、非行少年、放浪者や貧困者を募ることは、30年以上もの間、習慣的に行われてきた
そして、今日も続いている
慶応大学の物理学教授、藤田祐幸氏の調査によると、この間、700人から1000人の下請け労働者が亡くなり、さらに何千人もが癌にかかっている

完全な秘密
原発奴隷は、日本で最も良く守られている秘密の一つである
いくつかの国内最大企業と、おそるべきマフィア、やくざが拘わる慣行について知る人はほとんどいない
やくざは、電力会社のために労働者を探し、選抜し、契約することを請負っている
「やくざが原発親方となるケースが相当数あります
日当は約3万円が相場なのに、彼等がそのうちの2万円をピンハネしている
労働者は危険作業とピンハネの二重の差別に泣いている」と写真家樋口健二氏は説明する
彼は、30年間、日本の下請け労働者を調査し、写真で記録している

樋口氏と藤田教授は、下請け労働者が常に出入りする場所を何度も訪れて回り、彼らに危険を警告し、彼らの問題を裁判所に持ち込むよう促している
樋口氏はカメラによって―彼は当レポートの写真の撮影者である―、藤田氏は、彼の放射能研究によって、日本政府、エネルギーの多国籍企業、そして、人材募集網に挑んでいる
彼らの意図は、70年代に静かに始まり、原発が、その操業のために、生活困窮者との契約に完全に依存するに至るまで拡大した悪習にブレーキをかけることである
「日本は近代化の進んだ、日の昇る場所です
しかし、この人々にとっては地獄であるといã

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です