国有化せず。それでも東電は生き残る。 @nikkeionline

(2011年3月25日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

三井住友銀行のバンカーたちは先日、日本の原発危機の渦中にある東京電力に2兆円規模の緊急融資を行う融資団を結成した時、14年前に受けた恩に報いていた

■アジア金融危機時に20億ドルを預金

消息筋によると、三井住友銀が1997年のアジア金融危機の最中に資金繰りの問題に直面した時、同行の忠実な顧客企業であり、最高の信用格付けを持つ東電が、欧米の銀行から低利で約20億ドルの資金を調達
その現金を即座に三井住友銀に預け入れ、同行が危機を切り抜ける手助けをしたのだという

[FT]それでも東電は生き残る 破綻・国有化の可能性低い  :日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です