デマ80の真偽分類 @kotono8

ツイッターの「東北関東大震災に関するデマまとめ」(jishin_dema)」さんが中心となって、主にツイッター上を流れるデマ情報の集積・分析・告知が精力的に行なわれており、多くの人が情報提供や検証に加わっている。震災発生直後から1週間程度がデマのピークではあったが、現在も新たなデマは生まれつつあり、また過去に否定されたデマが生き続けているものもある。

そのツイートをもとに@omiya_fctokyoさんがTogetter – 「「東北関東大震災に関するデマまとめ」のまとめ」を作成され、わたしも気がついたら編集に参加している。

今回、この「デマまとめのまとめ」をもとに、震災発生後約1カ月間のデマ80件をピックアップ、パターン別にまとめてみた。

80件のピックアップについては、明確にデマと判断できるものをできるだけ多く拾った結果である(@jishin_demaさんが「誤解を招く表現」などと表記して「デマ」と断定することを避けたものも含まれる)。これらのもととなる事例収集は@jishin_demaさんの多大な努力によるものであり、以下の文章もそれに負うところが大きいが、最終的に編集・改編した結果についてはわたしが責任を有する。

事例は類似パターンごとにまとめ、そのなかで似たものを並べた上である程度古い順に配置している。その結果、厳密な配列順ではないことをご了承いただきたい。また、これらのデマについて、有名人(大手通信企業社長や大手女性下着会社社長等)がデマ拡散に関与した事例も多いが、今回はデマ流布者を糾弾する意図ではないので、その点については省略している。

情報の混乱

当初「ヤシマ作戦」として節電することによって被災地を助けようと呼びかけられたが、実際に節電が必要なのは東京電力管内だけであること、また被災地ではなく首都圏の電力不足への対応であったことなどが後にわかってきた。これらの情報の混乱に基づくデマは、善意による拡散を伴う。その結果、正しい情報がわからずに混乱することになる。これらのデマには、不安も混じっているようだ。

  • 「関西以西でも大規模節電の必要」はデマ。関西から関東方面に送れる限界量の電力を確保。(東日本大震災にかかる関西電力の対応について)
  • 「筑波大学の連絡で約一時間後には茨城にも放射能が来る」との情報。「2011/3/15 13:00」とタイムスタンプまで付いているが、サイトを調べれば簡単に悪質なデマだとわかる。筑波大学 | 最新情報 | 福島原子力発電所の事故に係る対応について
  • 「天皇陛下が京都に避難された」との噂の情報元は2ch(元レス)。宮内庁が否定。
  • 「農水省に非常事態通達「明日は出勤しなくていい」」は農水省の現役の方が否定。Twitter。
  • 「今日の夕方、友人に防衛省の夫を持つ人が家族に「東京から家族を逃がせ」と言われたとのこと。その後、総務省の友人にも連絡したところ、総務省はほとんど空になっています。東京にいる方、逃げて!!」(3/16)はデマ。
  • 「東京電力アカウント@OfficialTEPCOは公式を騙った偽物」というのは誤りで、本物。
  • 「富士山から煙が出ている」はデマ。富士山周辺には大量のライブカメラがあるã
    ®ã§è‡ªåˆ†ã§ç¢ºèªã§ãã‚‹ã€‚

科学的・医学的知識不足によるデマ

科学的・医学的な専門知識がないと真偽がわかりづらいことについてはデマが発生しやすい。その亜種としてトンデモ/疑似科学的な情報も存在する(こちらは主唱者は本気でそう信じている場合が多く、判別は容易だが対策が難しい)。

誤報が訂正されずに流布/偏向報道

マスメディアによる誤報がきちんとした形で訂正されないために、それがデマとして根強く流れる事例も多い。記事削除だけではなく、訂正(名誉回復)報道が必要だが、充分に行なわれていない。

政治家個人を貶める意図でのデマ

政府関係者などに対して、政治的に貶める意図を背景としたデマが流されている。なお、この事例集では民主党議員と辻元清美氏に対するものが多いが、実際にこれらの人たちに対するデマが多い。それを否定しているのでわたしが現政権や辻元氏のシンパと勘違いされるかもしれないが、単にそういうデマが多く、また事実ではないということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です