「政府の最終判断だ」校庭制限は20ミリシーベルト/年が適切 @yahoonewstopics

細野豪志首相補佐官は29日夜、TBSの番組に出演し、辞任表明した小佐古敏荘内閣官房参与が甘すぎると批判した学校の校庭利用制限に関する放射線量の基準について
「われわれが最もアドバイスを聞かなければならない原子力安全委員会は年間20ミリシーベルトが適切と判断している
政府の最終判断だ」
と述べ、変更しない方針を示した

校庭利用基準、変更せず=年間20ミリシーベルト―細野補佐官 (時事通信) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です