「私が将来結婚したとき、被ばくして子どもが産めなくなったら補償してくれるのですか」 @fminyu

東京電力の鼓紀男副社長が30日、村内全域が計画的避難区域に指定された飯舘村と一部地域が指定を受けた川俣町で住民説明会を開き、住民に謝罪した
4月22日の指定以来、幹部が現地を訪れ、謝罪するのは初めて
これまでの避難と異なり、避難開始までの期間に住民がいかに生活基盤を確保するかが重要となる中、参加者からの質問は「いつ、どのように補償を開始するのか」といった補償問題に集中したが、東電側からの明確な答えはなく、避難開始への不安を残す結果となった

「私が将来結婚したとき、被ばくして子どもが産めなくなったら補償してくれるのですか」
人口約6100人全てが避難対象となる飯舘村で行われた説明会
原発事故から1カ月半が経過してようやく謝罪に訪れた東電側に対し、住民は怒りをぶつけ、将来の不安を悲痛な叫びとして訴えた

出席した村民約1300人が見守る中、同村飯樋の高校1年生渡辺奈央さん(15)は、将来の被ばくリスクについて質問した
鼓副社長は「とても重い質問
影響が出ないようにしたい」と答えると、「危ないからもっと早く避難すべきと言ってほしかった」と対応の遅さを指摘した

(2011年5月1日福島民友ニュース)

東電に悲痛な叫び 計画的避難区域・飯舘の少女(福島民友ニュース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です