「校庭汚染土は放射性廃棄物」だが除去する必要はない。枝野官房長官 @mainichijpnews

枝野幸男官房長官は1日の記者会見で、福島県郡山市が放射性物質を含むとして除去した小学校や保育所の土について「原発以外のところで発生する放射性廃棄物ということになる」
と述べ、東京電力福島第1原発事故により放射性物質に汚染された廃棄物とみなした上で、今後処分のあり方を検討する考えを示した

枝野氏は会見で、これらの土の除去について「受け入れていただけるところがなければ処理ができない
(警戒区域に設定された)20キロ圏内などのがれきの処理を含め、今後さまざまな問題になってくる」
と指摘
「若干時間がかかるかもしれないが、国として(対策の)検討を進めていかなければいけない」と述べた

枝野氏は一方で「文部科学省から示した指針に基づいて対応をいただければ(校庭の土を)除去する必要はない」との見解も示した。【影山哲也】

福島第1原発:「校庭汚染土は放射性廃棄物」枝野官房長官 – 毎日jp(毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です