「最初に下痢がはじまります」肥田舜太郎、被曝について語る @donbarakun

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=6V7-LrMSOv8]

肥田舜太郎が福島第1原発事故での被曝について語る

肥田舜太郎[ヒダシュンタロウ]
1917年、広島市生まれ。1944年、陸軍軍医学校卒。軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。
1945年8月6日、原爆被爆。被爆者救援にあたる。
全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)の創立に参加。全日本民医連理事、埼玉民医連会長、埼玉協同病院院長などを歴任。
現在、全日本民医連顧問、日本被団協原爆被爆者中央相談所理事長。この間、海外渡航32回のべ33か国で被爆の実相を語り、核兵器廃絶を訴える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です