ワカメと貝とシラスとヤマメとワカサギから、セシウム。 @asahi

厚生労働省と福島県は19日、福島県いわき市の沿岸で採取されたワカメとムラサキイガイから暫定基準(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した
海藻と貝類で基準を超えたのは初めて
福島県では漁が自粛されており、どちらも市場に出ることはない

厚労省によると、検出値はワカメが基準の2.4倍に相当する1200ベクレル、ムラサキイガイは650ベクレル
どちらも16日に採取された
また、いわき市沖で採れたシラス、伊達市のヤマメ、北塩原村のワカサギからも、基準を超す放射性セシウムが検出された

asahi.com(朝日新聞社):ワカメと貝から基準超すセシウム 福島・いわき市沖 – 社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です