太陽エネルギープロジェクトに融資。米エネ省 @CN_BusinessNews

【新華社ワシントン5月19日=陽建】米エネルギー省は19日、ネバダ州の溶融塩太陽熱発電所の7億3700万米ドルの貸付に条件付きの融資保証を提供することを明らかにした

クレセント・デューンズと呼ばれる太陽熱発電プロジェクトは発電能力が110メガワット(MW)
ソーラー・リザーブにより発起され、高さ600フィートの太陽エネルギー塔、溶融塩を利用する蓄熱と貯蔵システムが建設される
完成後には米国初の溶融塩太陽エネルギー蓄熱・集光型太陽熱発電プロジェクトとなると同時に、世界で最も高い太陽エネルギー塔となる

米エネルギー省によると、年間50万MW時の発電量は4万3000世帯分の電力需要を満たすほか、年間29万トンの二酸化炭素排出を削減できる

スティーブン・チュー・エネルギー長官によると、ネバダ州は再生可能エネルギー発展のリーダーとなっており、同プロジェクトは就業促進につながるほか、クリーンエネルギーをもたらす

米国は近年、クリーンエネルギーの発展に力を入れ、多様な支援を行っている
エネルギー省は融資保証などを通じ、クリーンエネルギープロジェクト29件を支援
支援総額は300億ドルを超えた

(翻訳孫義/編集翻訳恩田有紀)

米エネ省、溶融塩太陽エネルギープロジェクトに融資保証|毎日中国経済 – 中国ニュース・中国情報・中国経済・中国ビジネス・中国写真・中国マーケットレポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です