原発事故で、慰謝料請求。 @tbs_newsi

福島第一原発の事故をめぐり精神的苦痛を受けたとして、東京都内に住む男性が東京電力を相手取り、慰謝料を求めた裁判で、東電側が「異常な天災地変で対策を講じる義務があったとはいえない」と答弁していたことが分かりました

この裁判は東京都内に住む、臨床心理士の男性(46)が福島第一原発の事故をめぐり、「極度の不安感、恐怖感を受けた」として、東京電力を相手取って慰謝料10万円の支払いを求めたものです

19日、東京簡易裁判所で第1回口頭弁論があり、東電側は「今回の震災は異常で巨大な天災地変で、対策を講じる義務があったとはいえない」と反論しました
そのうえで、「都内では人体に被害が生じるレベルの危険性はなく、住民が極度の恐怖感を持つ状況には至っていない」として、訴えを退けるよう求めました

原告の臨床心理士の男性はJNNの取材に対し、「原発事故のあと、日常生活に不安を感じている患者がたくさんいる
安全だというなら東電はきちんとそれを説明すべきだ」と話しています
(19日20:27)

「原発事故慰謝料請求、東電「異常な天災」」 News i – TBSの動画ニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です